SHOOT STREET PHOTOGRAPHY #03

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20180208001959j:plain

2月になりました

あっという間に2月になりましたね。ということで2月の最初のエピソードはいつものデジタルカメラでの撮影ではなくフィルムカメラのエピソードになります。

 

今回はいくつかの記事でも紹介しているRollei35Sというフィルムカメラを使って撮影しました。と言うか僕自身フィルムカメラはこの1機しか持っていないので必然的にそうなってしまうのですけれどね。

 

しかし撮り始めてみると、やはりフィルムカメラはフィルムカメラで本当に楽しいんです。デジカメみたいに撮った後に写真を確認できないから、現像するまでどきどきわくわく、フィルムも安いわけではないので無駄な1枚にならないように一瞬一瞬に緊張が走ります。

フィルムカメラ本体にも様々な特徴があるので、これから色々なフィルムカメラを購入して試していければと思うのですが、資金繰りもちゃんと考えなくてはいけませんね。笑

 

次に狙っているカメラはRolleiFlexかRolleiCordかmamiya c330かという二眼レフラインナップ。コスト的には後者2つが有力候補なのですが、余剰資金が豊富にあるのであれば最初のRolleiflexが欲しいですね。

2眼レフが欲しい理由

僕がストリートフォトグラフィーに興味を持つきっかけになった写真家の「Vivian Maier」さんが使っていたカメラが二眼レフ、rolleiflexでした。このカメラを使うと写真が正方形で撮れるのですが、今のSNS、instagram時代にぴったりですし、なによりやはり、自分の写真への考え方にダイレクトに影響した憧れの人が使っていたカメラに興味を持つなという方が無理がありますよね。

 

http://cdn.vivianmaier.com/wp-content/uploads/2013/10/VM1954W00130-07-MC.jpg

 

このフォトグラファーの方は生前はまったくの無名でしたが死後作品が見つかり評価されたパターンの方です。ドキュメンタリーの映画になっているので、興味のある方がいらっしゃればYouTubeでオンデマンドで400円程で視聴することができるのでぜひご覧になってください。⇒ ヴィヴィアン・マイヤーを探して(字幕版) - YouTube

 

さて、長くなりましたがぜひ僕のエピソードも見てくださると嬉しいです。拙い英語でがんばっているので、よかったら応援してください。YouTubeに動画を投稿するために英語を再勉強しているまどかでした。

 


SHOOT WITH FILM #02: Rollei35S and Kodak Portra 800