ブログは、恥ずかしげ無く自分を晒すのが一番性に合っている。

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20180118094600j:plain

Leica m10, Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM

2018年、はてなブログ以外にもう1つ自分の文章を書く場所を作りました。

 

note.mu

 

とても尊敬している人がnoteで情報発信しているのを見て、その使い方や文章に惹かれたこと、そして単純にはてなブログ以外のプラットフォームを使ってみたかったというのがnoteを使い始めた主な理由です。

 

使い始めてまだ数記事しか書いていませんし、使い分けも大雑把にしか考えていないのですが、肌感覚として「noteはポエムを書いても許される場所」そんな印象を受けました。

 

はてなブログは「はてブやはてなダイアリーの進化の系譜」の1つとして捉えるとすると、はてな村というとても複雑でやっかいな人たちの巣窟の歴史を踏襲していることになり、その文化や規範というものは、しばし新参者にとっては窮屈・不便・不快に感じてしまうこともあり、長く文章を書いていると”自由にかけない何か”で自分自身を縛っているような気分になりました。

 

一方でnoteは新しめのプラットフォームで、書いている人もはてなブログとはまた違っており、僕にとってはそれがとても新鮮で、ここでなら「ポエムを書いても許される」と実感しました、あくまで個人的な見解ですが。

 

そのため、基本的にnoteではポエム調のものが多くなる予定です。マガジンという機能を利用して彼女との生活のことを話すのがメインになると思いますが、もしかしたら、こちらのブログや無料記事、Twitterでは書けないような内容のものを、有料記事で発信するかもしれません。

 

話が脱線しますが、noteの「有料記事」という機能はとても優秀ですよね、使っていて凄く実感しました。

 

別に、特段何かのためになる情報じゃなくても「100円程度なら」とおみくじを引く気持ちで色々な人の有料記事を読んでしまいます。中には本当にくだらないものもあるのですが、おみくじやくじ引きでハズレを引くことなんて多々ありますからそこまで気になりません。

 

一方、「有料」ということもあり、少しスパイスが効いている記事や赤裸々な内容なものも多く、記事を書いている人の人となりが目に見えてわかるような記事はすごく面白いですし、「秘密にしておきたい情報」を知ることが出来るのはとても楽しい体験でした。「人には教えたくないカフェ・レストラン」といった内容の記事は、有料記事でも優先的に購入して読んでいます。

 

インターネット上に限った話ではないですが、有益な情報、知ることで有利になる情報がクローズドなところ(有料記事、サロン)に流れていく傾向は前々からありました。それは暗号通貨の情報だったり、それこそ美容情報だってそうです。Twitterでは本当に有益な美容Tweetにまじり、日々、科学的根拠がなかったり、明らかに間違っている美容法・論が拡散されています。本当に有益な情報を見極めるには物凄い努力が必要です。それに比べると、有料でクローズな場所はお金をとっているという理由もあってか、とても有益な情報をお金を払えば見ることができますし、Twitterでは拡散されないようなものもたくさんあって、安心感を覚えました。

 

 

話が逸れました、戻します。

 

この記事のタイトル「ブログは、恥ずかしげ無く自分を晒すのが一番性に合っている。」に、今日僕が伝えたかったことが全て詰まっています。

 

このブログを始めた2、3年前、僕はルサンチマンで溺れ死んでいました。溢れ出るルサンチマンが行き場を失い、このブログに記事としてそれを残し、なんとか精神を保っているような状態です。当時の僕を知っている人は、その様子を少しばかり覚えているのではないでしょうか、フォロワーが数百人程度だった頃ですね。アカウントも実は別のアカウントで名前も違っていました、いわゆる転生前の状態です。転生前から仲良くしていただいているフォロワーの方が数名いらっしゃると思うのですが、その頃の僕と今の僕を比較すると、きっと全然違っているんじゃないかって思います(もちろん変わっていない部分もたくさんありますが)。

 

その頃は、とにかく何でも、誰が読むとか関係なく意識せず、ひたすら思うがままに文章を書いていました。今思うと恥ずかしいものもたくさんあったのですが(削除済み)やっぱり自分のことをひたすら晒すようなブログの方が、僕は書くのが楽しいです。要は、ポエム書くのが凄く楽しいんです。今となっては、こちらのはてなブログではそのような記事を書くことを控えてしまっていますが、それでもやっぱり書きたい気持ちはあります。だからこそ「それ、noteにしよう」という発想にいたりました。

 

はてなブログでの記事の更新はもちろんこれからもずっと続けていくつもりです。サプリのレビューだったり、映画の感想だったり、恋愛雑談だったり。一方で、よりポエムよりの内容のものは今後noteに書いていこうと思っています、彼女との同棲生活まわりのことはnoteですね間違いなく。

 

もちろん今の段階での構想なので運用しているうちに変わることもあるかとは思いますが、いったんはこれで。ちょっとした秘密情報もnoteで発信してみたいので、よかったらぜひnoteの方も見てくださいね。

note.mu