まどかの戯言集

美しく、生きたい。

【2017年】ビタミンBのリプライセルを2ヶ月飲み続けて実感した効果をまとめる!【lypricel】

はじめに

リプライセルと言えばビタミンCやグルタチオンのリプライセルを思い浮かべる人はたくさんいると思いますが、実は他にも今回紹介する「ビタミンB」のリプライセルや「R-アルファリポ酸」のリプライセルが存在しています。

 

今回は「ビタミンB」のリプライセルを2ヶ月間、普段飲んでいる錠剤のビタミンBのサプリの代わり飲んでみて実感した効果をレポートしたいと思います!

 

まとめる前に一番みなさんが気になっていることだけ先に言うとビタミンCやグルタチオンよりも味は飲みやすいです!

 

 

ビタミンBについてのおさらい

ビタミンBは、B1やB2、B6、B12など多く種類が存在するため、まとめて「ビタミンB群」と呼ばれています。例えば美白サプリで有名なビオチンもビタミンB群ですし、ナイアシン、パントテン酸、葉酸もB群に含まれています。

 

主な作用

カラダでのビタミンBが主に利用される働きを以下にまとめます。

  • B1→糖質からエネルギーに変換
  • B2→脂肪からエネルギーに変換
  • B5(パントテン酸)→脂性肌・ニキビ肌の改善
  • B7(ビオチン)→皮膚の炎症を抑える・アトピーに有効
  • B12→赤血球生成、貧血の予防

不足すると..

エネルギーや赤血球がうまく作れなくなるため疲れやすい身体に。また口内炎なりやすかったり、B12が不足すると貧血になったりします。

 

一方でビタミンB群は水溶性のビタミンのため過剰に摂取しても尿として体外に排出されるので殆ど過剰摂取の心配は無いと考えて良いと思います。

 

例:パントテン酸

例えば、ビタミンB5であるパントテン酸ニキビや脂性肌の改善にもよく使われています。と言うのも、B5は皮膚の脂質代謝を助ける作用があるからです。この場合B5を1日に1000mg以上の量を摂取すると良いです。脂性肌の人は、普段から脂っこいものが好きだったり、脂質代謝が悪い人が多いのでB5の作用が有効である場合が多いからです。

 

例:ビオチン

ビオチンにはAMPKを活性化し、また中性脂肪の値を下げて体脂肪合成に関わる遺伝子の発現を抑制するのではないかという報告が出てきています。AMPKとは語弊を恐れずに簡単に言うと「脂肪を燃焼させてエネルギー変換せよ!」センサーで、つまりAMPKが活性化されると体脂肪が燃えやすくなるということになります。

 

また、ビオチンには血流をスムースにする効果、炎症を抑える効果、コラーゲンの生成を促す効果、細胞の再生能力を高める効果があり、美白的な観点から言えば「メラニン還元作用」のあるビタミンですね。

  

そして、ビオチンにはニキビをはじめとする肌の炎症を抑える効果が備わっています。そのため、アトピー肌の人が治療で飲用していることもあります。

 

活性酸素により失われたコラーゲンの生成を助け、肌のターンオーバーを健康な状態へ戻してくれますし、血行促進効果もあるので美白に限らず肌トラブルには効果的なビタミンなのです!

 

おさらいのおさらい

他にもB群に含まれているものはたくさんあるが全て説明すると長くなってしまうのでここまでにしておきましょう。

 

このように様々な効果のあるビタミンBですが、それぞれを個別に摂取するのはかなり大変。コストもかかるし飲んだ・飲んでないの管理も大変になる。そのため「B complex」として全てまとまったサプリメントがビタミンBでは主流となっています。「B50」とか「B100」とか聞いたことありませんか?それはつまり、それぞれのビタミンBが50mgづつ入っていたり、100mgづつ入っていたりするということだったのです。

 

ただし、まとめて摂取しても尿として排出されるので効率が悪いため、ビタミンC同様に小分けに摂取することが望ましいですね!食後に摂取すると食べ物の働きによってビタミンB群が体内に残存する時間が長くなるため効果的に吸収できますし、寝る前の空腹時に飲んでも体内での滞在時間が長いのでオススメです。

 

リプライセルのビタミンBコンプレックスについて

さて、長々とビタミンBについて説明してきましたが今回レポートしているリプライセルのビタミンBコンプレックスはどうなのかという点についてこれからレポートして行こうと思います。

 

上でも説明したようにリプライセルのビタミンBも例によってコンプレックスのため複数のビタミンBが含まれています。

 

成分表

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20170709215903p:plain

 

ビタミンB群がまとめられて含まれていますね。例として取り上げたビオチンもちゃんと入っています!

 

リプライセルのビタミンBを飲み始める前、僕は個別にビタミンB「パントテン酸」「ビオチン」「葉酸」を摂取していました。それを一度停止し2ヶ月ほどこちらのリプライセルに絞って摂取して実感したことを3つまとめます!

 

1. 疲労回復

普段筋トレを日常的に行っているのですが、筋トレ後に1袋、そして就寝前に一袋飲むようにすると翌日の疲労回復に驚きました。筋肉痛も一気に少なくなって楽になった驚きを今でも覚えています。

 

就寝前のビタミンB群の摂取はGABAの合成を高めますので睡眠を深くする効果もあり一層疲労回復に繋がったのでしょうか。

 

2. 炎症抑制

肌荒れして皮膚が炎症したり、僕の場合、日差しに弱いので日焼けをするとやけどしたみたいになるのですが、そういった時に個別にビタミンBを飲んでいる時よりも一層肌の回復や炎症が収まるのが早く感じました。これはビオチンの効果なのか?と疑問に思い、実験的にリプライセルビタミンBに、別途ビオチン(錠剤)をプラスして1週間飲んでみるとやはりその効果は一層あったのでリプライセルのビオチンの効果だと実感。

 

3. 脂性肌の改善

中でも一番実感したのは脂性肌の改善です。一時期アキュテインを半年間飲んでいた時は皮脂が完全に無くなっていたのですが服用をやめると皮脂は戻ってきました。

 

元々脂っこいものは大好きで夏になると汗で大変なるのですが、朝空腹時にリプライセルビタミンCと一緒にビタミンBも一袋、寝る前にもCと一緒にBも一袋飲んでいると2ヶ月で驚く程改善していると実感します。もちろん、他に服用しているサプリメントや普段の食生活の影響もあるのですが、個別にビタミンBを飲んでいた時よりも効果の実感はあるのでさすがリプライセル!と思わずにはいられません。

 

まとめ

さて、長々とまとめてきましたが、この2ヶ月間飲み続けて総合的に判断した結果、僕は「リプライセルビタミンBコンプレックス」を 毎日飲むサプリの1つに入れることにしました。

 

理由は上でも述べてきました。そしてやはり、ビタミンB群を個別に摂取するのはなかなか大変で飲み忘れる日も結構ありました..その点、リプライセルは普段ビタミンCのものも飲んでいるので忘れることなく飲み続ける事ができました。

 

また、僕は「ビオチン」「パントテン酸」を個別にプラスアルファで飲むことにしました。こちらも上で理由を説明した通り効果を一層実感できたからです。もう夏本番ですが肌が脂と汗で大変な事になりがちなのでそこをしっかり抑えていきたいですね。

 

美白・美肌のビタミンと言うとビタミンCを真っ先に思い浮かべますが、実はビタミンBも美肌・美白作りにはとっても有効なビタミンです。

 

ビタミンCのものよりもお値段が2000円程高くなってはいますが、継続して飲む価値があると僕は思います。最近在庫切れになりがちなリプライセル商品の1つなので、もし興味があればぜひ1ヶ月飲んでみて下さい。

 

 

関連記事

www.madoka-saotome.xyz

www.madoka-saotome.xyz

 

免責事項

本ブログ情報により、みなさまに発生あるいは誘発されたいかなる損害について、ブログ作者、はてなブログ及び全ての関係者は一切その責任を負いません点、ご了承ください。本ブログで紹介しているリプライセルは医薬品ではございません。よって、医薬品的な効能効果があるわけではございません。あくまで個人の感想・使用感の範囲内という点、ご理解をお願い致します