まどかの戯言集

美しく、生きたい。

抗酸化のために飲んでいるサプリメント3選

はじめに

 

高らかとTwitterで「飲んでいる抗酸化のためのサプリメントの記事を書く」と宣言したのでしっかり書きます。ビタミン系や美白・美肌系のサプリメントについては別記事にまとめていますのでそちらをご参照ください。

【2017年最新!】iHerbで買える美白効果を実感したサプリメント5選 - まどかの戯言集

 

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20170620142907j:plain 

抗酸化が美肌・美白に重要な理由

抗酸化作用とは、文字通り「酸化を抑える作用」のことで、酸化とはものが錆びてしまうこと・状態ですが、それはモノに限らず人間もその対象の1つ。

 

もう少し簡単に詳しく説明すると、人間は酸素を取り入れて生命活動を維持しますがその一部がその過程で活性酸素になります。それは人間の身体を守る役割も担っていることもあるのですが、増えすぎると身体にとっては害になります。むしろ近年ではその毒性について更に多くの研究が行われるようになってきています。

 

活性酸素は特に美容・美肌にとっては天敵で「シミ」「シワ」「肌の老化」の原因になります。だからこそこぞって美容意識の高い人は「抗酸化作用!」と耳にタコが出来る程に繰り返し、活性酸素の発生を抑え身体の酸化を防ぐために抗酸化作用の高い食べ物を積極的に摂取したり、サプリメントを摂取するわけです。

 

身近な食べ物で抗酸化作用が期待できるものだと、例えば、カロチンを多く含む野菜や、柑橘類に含まれるビタミン類、トマトに含まれるリコピンなどが効果的でしょう。ただ、糖質を多く含むものもあるので偏った摂取には要注意です。

 

例えば、最近だとTwitterで美容のために「理想のトマト」を飲んでいる人が多く、流行っている印象を受けますが、あの商品は他のトマトジュースに比べると飲みやすいですが糖質量が他のトマトジュースに比べると高いです。なので僕は「デルモンテ 食塩無添加 トマトジュース」を勧めているわけですが。

 

などなど、食品のみで美容効果を得るための量の抗酸化作用があるものを摂取することは、ビタミン同様になかなか難しいものがあります。普段の食生活が乱れがちな人や一人暮らしの人、社会人の人だと余計に難しくなるでしょう。僕もその1人です。だからこそサプリメントで補うようにしています。

 

次の章からは具体的に僕が普段から飲用しているサプリメントの紹介をしたいと思います。詳しい説明になるので長くなりますが飲んでいるサプリメントを知りたいだけであればTwitterに上げた3つなのでそちらをご参照ください。

 

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンはカロチノイドの一種で身の回りの食材だ人参やトマト、トウモロコシなどに含まれています。

 

アスタキサンチンは、何種類かある活性酸素のなかでもとくに毒性の強い一重項酸素の酸化反応と、体組織を連鎖的に破壊していく過酸化脂質の生成を抑える力を持っています。


こうしたアスタキサンチンの抗酸化作用は動脈硬化を予防したり、血行を良くしたりなど、活性酸素から大いに身を守ってくれます。血行が良くなれば肌のターンオーバーも正常化・改善・促進されるので美肌にとってはとてもうれしい効果。

 

更に、アスタキサンチンが美肌に効果がある理由は活性酸素の発生を抑える抗酸化作用と、そして、もうひとつはプロビタミンA活性です。

肌のしわやたるみは年齢とともに減少するコラーゲンの変性が原因。20代からコラーゲンの体内での生成が減少し始め、40代になれば新しく作られることは殆ど無いという残酷な現実。且つ、コラーゲンそのものを肌表面から取り入れるのは難しく、かと言って経口摂取の場合は胃で分解されてしまいがち。

 

そこで着目するべきはコラーゲンの生成を促進するビタミンA活性、カロテノイドです。

 

このプロビタミンA活性は、体内にビタミンAが不足しているときはビタミンA(レチノール)として働き、十分に存在しているときはカロテノイドとして働くという優れた性質を持っています。そのため、ビタミンAのもつ過剰症や副作用は一切起こりません。アスタキサンチンを摂取することで、抗酸化作用とともにビタミンAの作用も期待できるのです。

 

うん、美肌のお供ですね!

 

Jarrow Formulas, アスタキサンチン, 12 mg, 30ソフトジェル - iHerb.com

 

ルテイン

ルテインは上で説明したカロテノイドの一種で、抗酸化作用を持つ黄色の天然色素です。ルテインを摂取することによって得られる効果は「肌の脂質量のバランスを整える」「肌の水分量の増加」「肌の弾力性を高める」「紫外線の光ダメージから肌を守る」と言うような効果。

 

とある臨床試験では、赤血球中の活性酸素量の低下、皮膚の水分量および脂質量の増加、皮膚の過酸化脂質量の低下が認められたそう。過酸化脂質とは言うまでもなく肌にくすみやしみを発生させる原因となる物質です。上でも散々説明した身体の酸化の1つですね!

 

今回は美肌に着目してサプリメントを紹介していますが、強い抗酸化作用を持つルテインはよく「目に効く」サプリメントとして取り上げられていることが多いです。と言うのも、ルテインはその抗酸化力によって、目が老化するのを防いだり、ブルーライトや紫外線などの有害な光から目を守ってくれるからですね。

 

デスクワークで眼精疲労が溜まりがちな人、PCを普段から仕事で使う人、スマホばっかり見ている人にもオススメのサプリメントです。

 

1日の摂取目安は10mgと言われています、そして緑黄色野菜などから手軽に摂取できますが、食事だけでその量を摂ることははまず困難なのでサプリメントでの摂取をオススメします。

 

Doctor's Best, FloraGloルテイン配合ルテイン、20 mg、60ソフトジェル - iHerb.com

 

αリポ酸(R体)

αリポ酸(R体)の説明に入る前にαリポ酸の説明をさせてください。

 

αリポ酸とは細胞の中のミトコンドリアの中にある物質で「チオクト酸」とも呼ばれます。こいつは、活性酸素を除去する(抗酸化)など美肌には必須なものです。

 

αリポ酸には、R体、S体という2種類があります。

 

この2つは光学異性体といって化学構造が似て非なるもの、性質が少し違います。R体は体内でも合成されますが、S体は天然には存在しない物質です。ではなぜS体が存在するのかと言えば、αリポ酸を人工的に合成すると半分はS体のものが出来上がってしまうからで、これをラセミ体と言いますが一般的に売られているαリポ酸はラセミ体が殆ど!しかし、効果が高いのはR体で、ラセミ体よりも2~3倍も効果が高いのだということが分かっています!

 

αリポ酸の持つ強力な抗酸化作用はビタミンCやビタミンEの400倍と言われており、抗酸化作用がある成分は他にも数多存在しますが、その中でもαリポ酸は最も高い効果が期待できる成分。言うまでもないですが、紫外線を浴びたり、ストレスや疲労による細胞の老化を防ぎ、シミやシワなどを改善する働きがありますので美肌目的には適しています。

 

記事タイトルとは少しそれますがαリポ酸については、それが持つ「抗糖化作用」にもぜひ着目して欲しいです。

 

糖化とは、身体の中にある糖分がタンパク質と結びついて、老化物質AGEsを作りだす事で、タンパク質からできているコラーゲンやエラスチンが糖化すると、硬く弾力がなくなり、切れやすくなります。

 

つまり、肌表面には深いシワやほうれい線が目立つようになり、見ため年齢を上げる原因となります!!

 

また角質層にあるタンパク質やケラチン線維は本来透明なのですが、糖化すると黄色く変色します、、そのため、肌が糖化すると透明感は失われ、黄色くくすんでいきます、、

 

肌の糖化は糖分を取り過ぎない事と、摂取した糖分を効率よく燃焼させて、AGEsを作り出さないようにする事が大切で、αリポ酸は身体の中にある糖分を燃焼させて糖化を抑制してくれる数少ない抗糖化作用を持つ成分なのです。

 

Source Naturals, Rリポ酸, 100 mg, 60錠 - iHerb.com

 

まとめ

長くなりましたが、以上が僕が普段から飲んでいる抗酸化(一部抗糖化)のためのサプリメントになります。

 

これから夏本番ですし紫外線対策もばっちりしていかなければいけません。身体の外からの対策も重要ですが、抗酸化・抗糖化、身体の内側からもしっかりケアをして理想の美肌に近づける・もしくは今の状態を維持できるようしっかり努力していきましょう!

 

Jarrow Formulas, アスタキサンチン, 12 mg, 30ソフトジェル - iHerb.com

Doctor's Best, FloraGloルテイン配合ルテイン、20 mg、60ソフトジェル - iHerb.com

Source Naturals, Rリポ酸, 100 mg, 60錠 - iHerb.com

 

関連記事

リプライセルGSHの記事

飲んでいるビタミン系の記事

 

本ブログ情報により、みなさまに発生あるいは誘発されたいかなる損害について、ブログ作者、はてなブログ及び全ての関係者は一切その責任を負いません点、ご了承ください。本ブログで紹介しているサプリメントは医薬品ではございません。よって、医薬品的な効能効果があるわけではございません。あくまで個人の感想・使用感の範囲内という点、ご理解をお願い致します。