まどかの戯言集

美しく、生きたい。

『オーガニック』って正直よく分からないので調べてみた。

はじめに

よく化粧品、スキンケア用品の広告で「オーガニック」を謳っているものを見かける。テレビや雑誌を始めとする多くのメディアで「オーガニックは自然のものから出来ていて、体に良い」と宣伝されて、僕達はそれらを、なんとなくよくわからないけど肌に良さそう・優しそうと刷り込まれている。

 

しかし、少し調べてみると分かることなのだが、実は日本には「オーガニックコスメ」を規定する法律が無い。いわば言いたい放題の無法地帯なのだ。

 

別に無農薬で栽培された植物から抽出されたエキスを使っているわけでもなければ、逆にそれを1mmでも使っていたとしても、「オーガニック」を規定する基準や法律は国内には無いのでそれを「オーガニック」と呼ぶことが出来る。

 

一方国外、例えばヨーロッパにはオーガニックコスメの認定団体が存在して一定の基準を設けている。日本のオーガニックコスメの中にも「エコサート認証」などの海外のオーガニックコスメ団体の認定を取っているものはたくさんあるが、そもそも海外独自の基準であり、大まかにその基準は「オーガニック栽培された植物由来の原料を使っているかどうか」であるだけで、それが「肌に優しい」ものである保証ではない。むしろアレルギー性があったり、刺激が強いものもたくさん存在する。

 

他の化粧品より肌トラブルに繋がる確率は高い?

オーガニック化粧品と言っても千差万別だが、僕調べだと大抵のものに複数の植物エキスが配合されており、逆にそれが肌トラブルの原因になりかねないという逆の結果をもたらしている。要はアレルゲン(アレルギーの原因)、刺激性の高いもので肌トラブルの原因となりうるものが複数配合されているためその確率が上がってしまうという理由だ。

 

「x種類の天然植物由来のエキスで肌を再生する!」みたいな広告があれば、それは間違いなく「薬機法」違反の広告でなおかつ嘘だろう。そんな効果があれば医薬品に部類され市販出来ない。

 

また、例えば、オーガニック化粧品によく配合されている「エタノール」や「BG(ブチレングリコール)」は敏感肌の人には適さない(2つとも植物エキス抽出の際に利用されるもの)。赤みやかぶれがでる人は多く、グリセリン等の保湿剤とくらべても、そのアレルギー性がずっと高い成分だ。わざわざ刺激性の高いものを選ぶ必要があるだろうか?いや、無い。

 

多くの植物エキスを配合したり、その濃度を上げると皮膚トラブルのリスクが増えるため、特に敏感肌の人にはおすすめしない。低濃度で配合していれば安全性は増すだろうが、はて、何のための植物エキスなのだろう?(笑)

 

医学的な効能・効果は保証されていない、且つ刺激性があり肌トラブルのリスクが他の化粧品に比べても高い、それが『オーガニック化粧品』と謳っている殆どのものの正体だった。

 

まとめ

昨今「オーガニック」を謳う化粧品が世の中にはたくさん出回っている。ソーシャルメディア等の普及によって、ステマ情報が流され、検索順位の上位にはステマサイトやアフィサイトが掲載されて、本当に肌に悩んでいる人に正しい情報が伝わらないというのが現状だ。本来ならば薬機法違反の宣伝や広告もたくさん存在していて、しかしその量が膨大過ぎて厚生省も取り締まりきれていない。わらにもすがる思いで購入したものが全く役に立たないものだったら、それ以上に悲しいことはない。

 

その化粧品が本当に肌に良いのか、悪いのかを判断するには、無駄な情報があまりにも大量に散在しており、一層その判断が難しくなってきているが、僕のブログの読者の皆様におかれましては、信頼できる人からの信頼できる情報や正しい情報をたよりに、ステマサイトやクチコミに騙されない目を持って、使う化粧品を選んで欲しいと思うばかりだ。化粧品を見る目を養うには「化粧品検定」「成分検定」の試験が良いだろう。興味があればぜひ調べてみて欲しい。

 

最後に大事なことなのでもう一度繰り返そう。

 

医学的な効能・効果は保証されていない、且つ刺激性があり肌トラブルのリスクが他の化粧品に比べても高い植物エキス等がより多く配合されている化粧品、それが『オーガニック化粧品』と謳っている殆どのものの正体だ。

 

今日も良い1日になりますように。

 

化粧品成分検定公式テキスト

化粧品成分検定公式テキスト

 

 

あわせて読みたい 

 

www.madoka-saotome.xyz