読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどかの戯言集

美容・恋愛についてアラサー男子が実際に使ったり/試したものを書き綴る

江ノ島のイルミネーション(シーキャンドル)は綺麗だが防寒はかなり必須な件

グルメ・デートスポット

着くまでが寒い

掲題の通り、彼女と江ノ島のイルミネーションを見に行ってきました。

 

湘南の宝石2016-2017 ~江の島を彩る光と色の祭典~ | 江の島シーキャンドル

 

JRなら藤沢で小田急線に乗り換えて「片瀬江ノ島」まで行き、そこから徒歩で江ノ島に向かいます。徒歩だと20分程度で江ノ島の本島に到着しますが、混雑時だと道が混んでいるのでもう少し時間が必要ですし、今の時期だったら橋を渡る時海からの風でめちゃくちゃ寒いのでぶっちゃけ社会人なら駅からタクシーでも良いかもしれません。多分ワンメータぐらいだと思います。

 

江ノ島についてもそこからイルミネーションがあるところまで(山の上なので)も割りと距離があって、途中有料エスカレータを使って登るのですが(もちろん徒歩でも可能ですが寒いしエスカレーターが無難です)大体10分~20分程時間が必要です。片瀬江ノ島からの距離感を実感してもらえればと思います。

 

 江ノ島イルミネーション

会場に到着するまでもいくつかイルミネーションがあるのですが、やはり会場のイルミネーションはスケールが違います。普段は植物園になっていて、明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来した和洋折衷で南国ムードで溢れているそうですが、この時期の夕方以降は園内全体が綺麗なイルミネーションに彩どられています。入場料が少し必要ですのでその点だけ気をつけて下さい。シーキャンドル(灯台)に登る料金込のものを買っておくと良いですよ。合わせても700円程度ですし、エスカレーター代も含めても1000円強ですので!そこは、ケチらずさくっと行っちゃいましょ!

 

以降写真がメインになります。

 

光の道.1

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161225144050j:plain

 

イルミネーションをアップ

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161225144055j:plain

 

光の道の全体

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161225144056j:plain

 植物園内が様々なイルミネーションの装飾されていて、それは細い道から大通りまで全てなのですが、この光の道がとても目立っています。入園するとすぐ見つかると思うのでぜひ通ってみて下さい。道の途中から光の色味が変わるのでそれも綺麗でした。

 

シーキャンドルの上から

入園の際には、シーキャンドル昇塔料も払ったので実際に登ってみました。シーズンがシーズンなので40分程列に並びます。係の人が綺麗に列を作って整備してくれているので、変な割り込みなく、ひたすら寒さに耐えることができれば何も問題ありません。ただ、本当に寒いので防寒だけは絶対必須です。温かい恰好とカイロを持っていくと良いですよ。

 

上から

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161225144059j:plain

実際に登ってから眺める江ノ島海岸や街の夜景は写真では表せられない程綺麗でした。目に焼き付きます。まわりにはカップルと家族連れが多い印象ですが、こそっとかげをみると熱いキスを交わしている若いカップルもいました。塔は屋上(屋外)にも行くことができるのですが、そこは更に寒さが増します。風が吹き付けます。防寒さえしっかりしていれば、塔の屋内より素敵な景色を見ることが出来ますが、何度も繰り返しているように、防寒だけはしっかりしていってください。

 

最後は..

イルミネーションを堪能した2人はささっとイルミネーションを後にして片瀬江ノ島に戻ります。帰り道も相当寒かった。むしろ、2人して「寒い」しか言っていないと言っても過言ではありません。

 

冷え冷えに冷えてお腹もペコペコでしたので、駅近にある「クアアイナ」というハンバーガー屋さんに入ってお腹いっぱいハンバーガーとフレンチフライを食べました。僕達が入った時は室内の空調が正常に動作していないのか、とてもモクモク匂いが立ち込めていて服に香りが着いてしまいました。それだけ残念ですが、ハンバーガー自体はめちゃくちゃうまかったのでオススメです。外にもテラス席があったので夏はそちらで食べると風情があるのかな。

 f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161225152305j:image

 

まとめ

あっという間もなく年の瀬になり、師走も終盤に差し掛かり仕事も収まってきつつありますが、綺羅びやかなイルミネーションはもうしばらく続くようですので、ぜひカップルや友人と訪れてみてはいかがでしょうか。

 

僕達は夕方から行ったのでほぼイルミネーションのみが目的でしたが、お昼過ぎから鎌倉を観光して、江ノ島に行って生シラス丼でも食べて、夕方になったらイルミネーションを見に行く、そんなプランもアリだと思います。

 

でも、絶対に防寒だけはしっかりしていってくださいね。僕からは以上です。

 

www.madoka-saotome.xyz

まっぷる 鎌倉 江の島 '17

まっぷる 鎌倉 江の島 '17