読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどかの戯言集

美容・恋愛についてアラサー男子が実際に使ったり/試したものを書き綴る

【カメラ】Milvus 1.4/50 を買ってみた。

カメラ 写真

レンズ沼

カメラを趣味にすると、誰もが必ずハマってしまう「レンズ沼」。

 

その沼は、一度ハマってしまうと、カメラを手放さなければ、永遠に這い上がれない底なしの沼だと言われている。最初は1万円、次は4万円、7万円、11万円、20万円、30万円、50万円Etc.. と沼に札束がどんどんと吸い込まれていく。

 

各カメラメーカーは、所謂「撒き餌レンズ」と呼ばれているレンズを超安価で売り出している。レンズ沼への水先案内人と言えよう。1万円前後で、一眼レフのちゃんとしたレンズを購入してしまうことができる。

 

一眼レフを買って、初めて買うレンズは撒き餌レンズだ。もしくはレンズキットでカメラ本体とレンズがセットになったものを購入する人も多数いるだろう。

 

昔一眼レフ初心者だった僕は、キヤノンの単焦点の撒き餌レンズ「EF 50mm F1.8 II」を購入して初めて写真を撮った時、そのレンズで撮れたボケの効いた美しい写真に見惚れてしまった記憶がある。初心者の僕でもこんないい感じの写真が、レンズによっては簡単に撮れてしまうのか!

 

当時そのレンズで撮った写真

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161220121629j:plain

 

そこからレンズ沼に見事にハマった僕は、標準ズームレンズ、望遠レンズ、ポートレイト用レンズ Etc.. とどんどんとレンズを買い足しては、それぞれの画角の勉強や、写真そのものの勉強を重ねていった。レンズが増えると、撮れる写真も圧倒的に増えるので、自分が撮っている写真の幅が広がり、それがとても新鮮で楽しいのだ。

 

Milvus 1.4/50

という事で、自分への自分からの自分のためだけの誕生日プレゼントとして、初めて”MF(マニュアルフォーカス)オンリー”の掲題にもあるカールツァイス製の「Milvus 1.4/50 ZE(CANON用マウント)」レンズを購入した。単焦点レンズでずっと狙っていたものだ。

 

Carl Zeiss 単焦点レンズ MILVUS 1.4/50 ZE ブラック 823068

Carl Zeiss 単焦点レンズ MILVUS 1.4/50 ZE ブラック 823068

 

 

開封の儀

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161220132058j:image

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161220132110j:image

作例

昨今の一眼レフのレンズは基本的にAF(オートフォーカス)機能が搭載されており、MF(マニュアルフォーカス)と切り替えが出来るものが殆どだが、このレンズはMFのみなので自分でピント調整をしなければいけない。オートフォーカスだと自動的によろしくやってくれるのだが、いざ自分でやるとなるとなかなか難しい。所謂ジャスピン(ジャストピントの略で、自分が狙ったところにピントがジャストで合うの意)が至難の業だった。

 

今回はポトレ案件があったので、早速このレンズを5DsRのボディーに付けて井の頭公園に繰り出した。モデルの方が少し遅れるということで、しばらく散策をしている時に撮った写真を1枚、モデルの方の写真を1枚掲載して、後日街歩き撮りをしたものを幾つか載せている。(Twitterで言ったとおり一番最初に撮ったのは彼女だった。綺麗に撮れた。)

 

井の頭公園の紅葉

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161220122513j:plain

手前の葉にピントを合わせている。

 

堂園さん

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161220122558j:plain

今回撮影した大学生のぞののさん。現在、行われている大学新入生を対象とした日本最大級のミスコンテストに出場されているそうだ。色白の女性の方で、澄ました顔がとてもsophisticatedだった。

 

twitter.com

 

街撮り1

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161219112112j:plain

 

街撮り2

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161220130220j:plain

 

所感

簡単な所感を先に言うと「街撮り」等の気軽なスナップ撮影、さくさく撮るような撮影には向かない。前述した通り、AF機能がなく全てがMFなので、毎回被写体と向き合い時間を掛けてピントを調整する必要があるためだ。使っているボディーが5DsRという高精細・高画質に特化したものなので、ピントには余計に気を配らなけれいけなかったというのも1つの要因だ。

 

しかしながら、スタイリッシュな金属製の鏡筒、中央の素晴らしい画質、軸上色収差が少なく、倍率色収差がわずかで、ボケが非常に好ましいこのレンズは買って本当に良かったと思う。

 

50mmという使いやすい画角なのでポートレイト撮影から普段の様々なシチュエーションの撮影に使うことができるだろう。普段AFに頼ってばかりいる僕だったが、MFでピントを調節する訓練にもなりそうだ。これを良い機会に、マニュアル撮影の技術もどんどん伸ばしたい。

 

単焦点レンズを探していて、少し変わったものを探しているなら、ぜひこちらの「Milvus 1.4/50」を買ってみて欲しい。損はしないだろう。ただ、MFのみなので、それが不安であれば、よく比較対象とされているシグマの50mm F1.4 Artをおすすめする。こちらはAFもついているので安心だ。ぜひ検討してみて欲しい。僕からは以上だ。

 

Carl Zeiss 単焦点レンズ MILVUS 1.4/50 ZE ブラック 823068

Carl Zeiss 単焦点レンズ MILVUS 1.4/50 ZE ブラック 823068

 

  

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応 311544

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応 311544

 

 

蛇足

2017年1月後半~2月の頭あたりに友人と、気軽に利用できる「盛れ盛れの写真を撮影する」サービスをリリースする予定です。例えば、ちょっとこだわった履歴書とか、ポートフォリオ用の写真とか、昨今需要が高まっているマッチング用アプリのプロフィールに設定する写真とか。友人と僕は商業用の宣材写真も撮っていたりするので、もちろんそれらも引き受けます。腕には自信があります。興味がある方はぜひDMしてください。詳細お話します。

 

スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX 3

スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX 3