まどかの戯言集

美しく、生きたい。

”平均以下”男子は「普通の服」でおしゃれに見せることは難しい。

はじめに

ファッションバイヤー・ブロガーとして幅広く活動されているMB氏の著作『Men's ファッションバイヤーが教える「普通の服」でおしゃれに見せる方法』と言う本を買いました。

Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法

Men's ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法

 

 

MB氏はメンズファッションに関して独自の理論を展開し、よりリーズナブルな価格で最速で男達をおしゃれにすることに情熱を捧げ、そして実際に様々な所でその活動が評価され、今ではメールマガジンやウェブサイトを運営したり、今著作もですが前作の『最速でおしゃれに見せる方法』もベストセラーになり一躍有名人です。

 

「おしゃれになるにはどうしたらいいか?」という誰しもが抱く疑問に対して「高い服がおしゃれではない」と言う当たり前の常識から説明し、「ドレスとカジュアルのバランスを意識すること!」をいつも強調するMB氏。

 

この「ドレスとカジュアルのバランスを意識する」という理論がMB氏が掲げる理論の主軸になっています。

 

日本の男性ファッションは、アメリカンカジュアルの影響を受けすぎているという点を指摘し、一方で日本人独特の胴長短足という、ある種のファッションに置けるハンデを考慮した上で、バランス良く、ちょっとドレス多めで、基本のアイテムを使って着こなせば、「あっという間におしゃれになる!」というファッションのバランス理論を展開されています。

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20160318174126j:plain

 

三種の神器

彼の提唱するファッション理論では「白シャツ」「ニット」「黒スキニー」という3つのアイテムが大きな基礎になるのですが、確かに汎用性も高くシャツやスキニーを組み合わせることで、適度にドレッシーにもなり、ニットを使えば温度調節も可能なので春や秋等の微妙な寒さのシーズンにも対応可能でとても効率的です。白シャツにスキニーパンツという王道中の王道。清潔感もあり、女性受けは良いですよね。合コン用のコーディネイトの提案だったり、休日のコーディネイト等、シーン別のものを細かく提案していたり、ユニクロやGUの一押しのマストバイなアイテムを紹介してくださっています。

やっぱりマネキンが..

とは言えいくらバランス良く、リーズナブルにおしゃれに着こなしていても、マネキンが駄目だったら元も子もありません。昨今流行りのノームコアなんてマネキンの美しさ至上主義的なところもあったりします、大抵の平均的な日本人男性は着こなせないでしょう。ただでさえ胴長短足という体格的なハンデを背負っているのに。。

 

そしてなにより、こんな「おしゃれになるには?」系の本を読む男性が、客観的に考えたとしても平均以上の容姿を持っていることは考えにくいです。良くて平均、おそらく平均以下男性に違いありません!(僕の勝手な憶測です)

 

靴を見れば手入れがされていないソール、すり減ったかかとと傷んだ皮が目立ち、引き締まっていない身体、手入れされてないヒゲや眉、髪の毛のセットもいまいちだったり、爪が伸びていたり。そんな男性だったら、いくらおしゃれでも残念ですよね。

 

まずは自分磨きから

おしゃれになりたい男子は、服を買うよりまず先にやるべきことがあります。それは、自分の身体と向き合うことです。お腹は出ていないか、ヒゲがはえていないか、ある程度筋肉がある身体か、眉や髪の毛のセットはちゃんと出来ているか、という自分の身体と言うマネキン部分のメンテナンスです。

 

「筋肉は最高のファッションだ」と言う程には、男性のファッションシーンにおいて、その身体つきが重要な部分をしめています。そりゃそうですよね、おしゃれなキモデブおっさんか、普通の細マッチョ清潔感有りおっさんだったら後者を選ぶに決まっています。良い体格、筋肉がある男性からはテストステロンが溢れ出ており男性フェロモンがムンムン、自信も満ち溢れている。人間は旧石器自体から遺伝子に強く「強いやつは格好良い」と刻まれているので、比較的に女性からもモテます。つまり、ファッションにおいてまず最初に取り組むべきことは、ファッション用品ではなく、自分の身体の改善なのです。

 

とは言っても...

身体を鍛える?清潔感?細身?

外見と言うものは努力次第で変えられる一番手っ取り早い部分ですが、これまで努力をしてこなかった人がいざ取り組むとなるとなかなか難しいものです。しかし、多くのダイエットを成功した人を見ると、痩せた先には大きな達成感や満足感、そこから始まる新しい自分での希望に満ち溢れた生活をおくっている様子をツイッターのアカウントを見ていると手に取るようにわかります。

 

簡単チェックポイント

身体はジムに行くなり、ランニング等の有酸素運動をするなり、糖質制限、グルテンフリー等の食事制限をするなりしてしっかり取り組みましょう。それらについては僕はそこまで個別具体的なアドバイスは出来ないので(糖質制限なら可能ですが)、ここでは簡単に清潔感をアピールできるポイントを幾つか挙げておきますので、男性の皆様におかれましては一度ご自身をチェックしてみてください。僕が女性なら必ずチェックします。

 

  • 爪が伸びていないか
  • 靴の踵がすり減っていないか(メンテナンスが行き届いているか)
  • 髪型に清潔感があるか・セットしているか(ロン毛は駄目)
  • ヒゲがはえていないか
  • 口が臭くないか
  • 歯が白いか
  • スーツならピシッとしているか(シワができていないか)

大体上記の点を抑えつつ、鍛えていけばベースのマネキンは完成するでしょう。

 

まとめ

色々なファッション雑誌や、バイヤー、スタイリストさんのアドバイスは基本的に平均以上の容姿や清潔感を持った人向けになっています。まあ、これは男性女性限らずですが。それが出来てない人がそのアドバイスに従った所で何の意味もありません。まずは最初に自分の身体と向き合い、服を着るマネキン部分をしっかりしないといけないという点を、見落としがちな皆様にはぜひ意識して貰いたいです。僕からは以上です。

 

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)