【2018年徹底検証】リプライセル(LypriCel)の副作用とデメリット

 はじめに

リプライセルといえば、美容に興味のある女性の人は一度は聞いたことがあるだろうビタミンCのサプリメントだ。僕はブログで何度もその効果に驚き、その素晴らしさを皆様に共有したいため記事で紹介している。

 

 

しかしながら、どうやらリプライセルに興味を持ったのはいいものの、そのデメリットや副作用を心配している人が多い。僕のブログの検索ワードで上位に「リプライセル 危険」「リプライセル 副作用」等のワードが見つかるのは、おそらくみなさんが必死に調べている証拠だろう。このエントリーではリプライセルのデメリット1つ、そしてその他全てのビタミンCサプリメントに共通する副作用をお伝えする

 

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20160616153636j:plain

リプライセルの副作用

”リプライセル自体”に副作用や健康被害は報告されていない

まず、リプライセル自体の飲用に関わる健康被害は現在出ていない。いくつか英語での文献やレポートを検索したものの、その類の報告は一切見当たらなかった。そもそも、リプライセルが開発されたアメリカは、日本と比較にならない程、サプリメント関連では先を行っており、関連法律の整備も進んでいる

 

その中の一つである「ダイエタリー・サプリメント健康教育法」はサプリメントに関するアメリカの法律として、ありとあらゆる決まりごとを制定し管理しており、サプリメントを提供するメーカーは、消費者が必要としているすべての情報を開示する義務がある。その中には当然のことながら、メーカーにとって都合の悪い情報も含まれる。消費者は、サプリメントの効果や効能、飲むタイミングなどをしっかりと理解した上で摂取できるようになっている。(まあ、英語が読めず、容量用法を守らず摂取したら、何が起きてもそれこそ自己責任だが...)気になるのであれば「dietary supplement lawsuit」等のワードで検索して各々英語の文献に目を通すと良いだろう。

 

つまり、副作用等がリプライセル自体にあるのであれば、それらの表示義務は必ず発生するので、それを考慮すると、現状リプライセル自体には、リプライセルの公式が明記している服用量・服用方法を厳守すれば副作用はないと考えて問題ないということだ。

 

リプライセルを構成しているリポソーム構造は、細胞膜と同じ分子であるリン脂質の膜が幾重にも重なった構造を持つ0.1-0.2μmのマイクロカプセルのことで、実は化粧品等に利用されていたりもする。それに対する健康被害の報告も2017年2月10日現在見当たらない。

 

結果的に見つかった様々な資料はリプライセル(liposomal vitamin C)の医学的効果の論文ばかりであり、リプライセル自体には危険性は殆ど無いと考えてもいいだろうと僕は結論付ける

 

以下にいくつか研究論文のURLを貼っておく、リプライセルの効果を証明するものだ。もちろん内容は英語なのだが、興味がある人はぜひ読んでみて欲しい。

 

ビタミンCには過剰摂取の副作用が存在する

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、たとえ過剰摂取した場合でも、余剰分は尿として排出されるため、副作用の心配はほとんど無いとされているが副作用が存在しないわけではない

 

主に副作用とされているもの

  • 下痢
  • 吐き気
  • 尿路結石(非常に不確か

 

リプライセルに限らずビタミンCの過剰摂取の副作用として上記の副作用が上げられているが、これらの副作用程度であれば、異常が出た時点で摂取量を抑えるなり、摂取するタイミングを工夫するなりして副作用を回避すればそれで済むため、正直無いものと思っていいだろう。水溶性ビタミンであるため尿として排出されるので身体に蓄積されるものではない

 

つまり、リプライセル自体の危険性はなく、あるとすれば「ビタミンC過剰摂取」の危険性は少なからず伴うということだ。ビタミンCの過剰摂取による一番怖い副作用は尿路結石だが、ビタミンCと尿路結石は関係ないと発表している医学論文もあるので実のところは非常に不確かだ

 

 

なおビタミンCによる過酸化水素の発生を利用し、癌細胞を殺そうとする高濃度ビタミンC点滴療法というものも存在しており、2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)と国立癌センター、食品医薬局(FDA)による「高濃度ビタミンC療法は癌に効く」とした論文は大きな影響を及ぼした。大量のビタミンCが癌の治療に効果的である証拠は続々と集まっており、癌細胞を殺す作用はあっても正常な作用に悪影響を及ぼすことはないとされている。医学的な効能・効果も近年になり明らかになってきているので、ビタミンCは一層注目を浴びているビタミンであることは間違いない。

  

僕はリプリライセルと、その他錠剤のビタミンCを併せて毎日6000mg~8000mgのビタミンCを摂取を1年程続けているが、一度たりともビタミンC過剰摂取による健康被害のようなものは経験していない。むしろ、一層美白効果、肌質改善につながっており、且つその他のビタミンCの健康効果も発揮されている。風邪気味な時に8000mg程飲むと、驚くほどに回復しているし、そもそも風邪をひきにくい身体になった!

 

僕が考えるリプライセルの唯一のデメリット

僕が唯一デメリットとして上げるものは「固定費がかかる」というものだ。一度リプライセルを飲用を始めると、一週間程で驚くような効果を感じることが出来(その効果の感じられ具合は人によるが、男の僕でさえ1週間飲み続けると効果がはっきりと分かった)、結果的に常用するサプリメントに加わり、毎朝夜空腹時に飲むことを心がけていると、結果的に月で2箱消費することになり、その分の費用がプラスされるという点だ。

 

それでも、週に2、3回美容皮膚科に通いビタミン注射をすることに比べると圧倒的にコストの節約になるので、ビタミン注射を毎週は続けられないという人にとっても嬉しい商品なのだ。「廉価版ビタミン注射」程度の認識で良いと思う。

料金比較 

では最後に、昔僕が通っていた恵比寿皮膚科クリニックでのビタミン注射の料金を例に出してコストの比較をして、いかにリプライセルがコストパフォーマンスに優れているかを説明したい。(余談にはなるが高濃度ビタミンC点滴の場合は2万円を超える場合が殆どだ)

 

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20160616133148p:plain

*1

 

美肌ビタミンスペシャル注射を処方してもらうと想定する。1回のコストは3000円だ。しかし、ビタミンCは、余分に摂取しても過剰分は尿から排出されるため副作用はないが、体内に貯めておくことができない成分のため、 継続的・定期的に摂取しなければならない。だいたい効果の持続を実感し続けるには週1~2回の頻度でビタミンC注射する必要があると言われている。また1回あたりの投与で2000~2500㎎のビタミンCが投与される。

 

  1. 週2回: (3000+(診察料等諸経費)) x 2 = 6000円強
  2. 1ヶ月8回: 6000 x 4 = 24000円強

 

1ヶ月24000円でビタミンC点滴摂取量合計20000mgという結果になる。では、一方でリプライセル(LypriCel)の場合のコストはどうだろうか?1袋のビタミンC量が1000mg、1箱30袋、値段は3500円程度で1日1袋。1日2袋飲んだとしても7000円になる。コスト的にはリプライセルが圧倒的に有利だ。

まとめ

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20161015105719j:plain

まとめると、リプライセル自体のデメリットはないので今すぐにでもiHerbで購入すべき!だろう。iHerbは安心安全のサプリメント等の健康食品類を個人で輸入できるサイトだ。僕も愛用させてもらっている。僕が貼ったリンクから買えば少しばかり安くなるので、ぜひ試してみて欲しい。

 

値引きクーポン付きリプライセルのリンク

 

上記、もしくはこちらのURLから買うと購入時に購入金額が5$オフになります!

 

ぼやき

しかしながら、やはり、正直に言うと、普段の食生活とか、別のサプリメントとの併用も考えるべきだと思う。リプラセルは即効性がありとても効果を実感しやすいが、もし慢性的な肌の悩みを持っているなら、それは間違いなく普段の生活や体質が原因なので、その原因を一つづつコマ目につぶしていくしか無い。リプラセルはあくまで補助として程度に考えておく視点も重要だ。それでもなお、やはり自分の身体や美容に向き合うことはとても重要なので、その手助けになれればという思いで、僕はいっぱいである。

 

免責事項

本ブログ情報により、みなさまに発生あるいは誘発されたいかなる損害について、ブログ作者、はてなブログ及び全ての関係者は一切その責任を負いません点、ご了承ください。本ブログで紹介しているサプリメントは医薬品ではございません。よって、医薬品的な効能効果があるわけではございません。あくまで個人の感想・使用感の範囲内という点、ご理解をお願い致します。