夢見るアラサー、東京大神宮にて恋おみくじを引く。

 

1A0A5643.jpg

 

「素敵な恋の訪れを祈る、恋の成就を願う、恋人との絆を深める」東京大神宮は日々の些事や仕事に追われる日常から抜け出し、自分らしさを取り戻したり、活力を得られるだけでなく、恋のモードにできる新しいスポットです。

 

そんな謳い文句で、実際に恋活パワースポットとして若い女性の間で人気になっている「東京大神宮」に恋みくじを引くために行ってまいりました。

 

www.tokyodaijingu.or.jp

 

飯田橋駅から徒歩で5分程度の距離にあるこの神社。駅から神社方面に歩く人たちをみていると、その大多数が女性であることにすぐ気が付きます。世の中の多数の女性の皆様は、何らかの恋のお悩みを持っていらっしゃるのだろうか、と内心様々な思惑を広げながら神社まで歩いてゆきます。

 

 

1A0A5624.jpgflic.kr

 

 

すると見えてくる看板。海外からの観光客の方も多くいらっしゃっているようで、カメラを首からかけているおじさん・おばさんも多数。若い韓国人風の女性集団の人たちもいらっしゃいました。天気は曇りですが、今日はとてもあたたかくコートじゃなくジャケットで十分な気温でした。

 

1A0A5627.jpgflic.kr

 

ちらっと見るとわかりますが、参拝されている方の殆どが女性の方です。男性だけでいらっしゃっている人は一人もいませんでした。

 

普段は、煩悩・食欲・物欲・性欲まみれの僕ですが、これを見てハッとします。まずは心を清めないと。

 

1A0A5631.jpgflic.kr

 

真剣にお祈りされている前にいる女性を見ながら、僕は何を祈ろうかと考えながら撮った写真は構図がブレブレでした。

 

1A0A5642.jpgflic.kr

 

 

実は、正直に言うと、僕自身神頼み的なことはあまり信じていなくて。そのため、こういうお祈りする場では、祈るのではなく、「〜してみせる。やってやるぞ。」とビックマウスで自分に言い聞かせる宣言型方式をとるのが中学生ぐらいからの僕のルーティーン。所属していた陸上部の顧問の先生によく言われいたんです。

 

早乙女、「〜したいです」じゃなく、「〜します」だ。自分に言い聞かせろ。「夏季総体では、100mを11秒5.0を切りたい」じゃなく「夏季総体では、100mを11秒5.0を切る」だ。 

 

耳にタコができる程いわれていました。でも、本当に、やはりそうやって自分に言い聞かせて、ある種自分自身を自分で思い込ませることができると、案外上手く行くもので、当時本当に11秒47(陸上競技の短距離におけるコンマ0〜秒は、秒で見ると一瞬なのですが距離だと余裕で1~10mの差が生まれちゃうんです。)で県大会でBEST3に入れたんですよね。

 

なので今回も例によって僕は宣言型でいきました。宣言した内容は恥ずかしいので省略させてください。笑

 

さて、おみくじを引きました。恋のおみくじ・通常おみくじ100円、縁談おみくじ200円。僕は通常と恋のおみくじを引いて内容を確認していました。

 

すると、どうやら神前式の方式で結婚式をあげる方がいらっしゃったようで、儀式的なものがはじまりました。その場でおみくじを見ていた人が一斉に視線をそちらに向けます。僕は実家がお寺ですので結婚式はおそらく仏前結婚になるのですが(まず相手を探す必要があるが)、こうやって別の宗教の結婚式を見るのは新鮮で楽しかったです。結婚式を、恋愛成就の神社であげるのは、いい感じに参拝者を煽っている気がしたのは僕だけでしょうか。

 

1A0A5644.jpgflic.kr

 

 

さて、恋のおみくじの内容はと言うと・・・

 

面影の去らぬグラスを重ねては

杉にし日々の思いでたどる

 

The未練たらたら感のあるおみくじに書かれていた一句に絶句

 

こういうのって基本的に全部ポシティブに書かれているのではなかったのかと驚きを隠せず、まあ、確かに元カノ可愛かったよなあ、武井咲と戸田恵梨香を足して割ったような可愛さと綺麗さだったもんなぁ、とか時々思っちゃうので、図星なおみくじを引いてしまいました。笑

 

年齢差:男性が5歳以上うえのほうがうまくいく

 

とも書かれていましたので、ぜひ20歳以下の女子大生や女子高生の皆様、よろしくお願い致します。美味しいシフォンケーキや馬肉を食べに行きましょう。

 

 

縁談:あせらず好機を待つこと

 

こちらは好機を待てば良いらしいです。ちなみに

 

結婚:神様に祈りなさい。赤い糸で結ばれた相手が現れる。

 

とのことらしいので、一旦受け身姿勢になれと僕は理解しましたがどうでしょう。きっと気長に待っていれば20歳以下の運命の女子大生か女子高生と知り合って結ばれるのでしょう。そんな脳内お花畑ルートが実現できることを”祈りつつ”、素敵な出会いを今後も模索していこうと改めて決意しました。

 

 

都内からのアクセスも良く、駅からも近い、駅周辺には大学があるということもありカフェやランチが食べられるお店もたくさんありました。ぜひ、週末暇な時にふらっと行ってみるのも良いかもしれませんね。これからどんどん季節は春に向かっていきますので、みなさまにも、ちょっと早いですが、温かく爽やかな心の春がくることを、心から願っています。

 

 

パワースポットの歩き方 スペシャリストに聞く聖地のヒミツ (HONKOWAコミックス)

パワースポットの歩き方 スペシャリストに聞く聖地のヒミツ (HONKOWAコミックス)

  • 作者: 伊藤三巳華,寺尾玲子,加門七海,天宮視子,山本まゆり,松本英子,上杉かや,上大岡トメ,かみやナエこ,銭形たいむ,氷室奈美,真船きょうこ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

日本全国このパワースポットがすごい! (PHP文庫)

日本全国このパワースポットがすごい! (PHP文庫)