カメコは今すぐ写真管理フローにFlickrを組み込むべき3つの理由

 

Flickrは米Yahooが提供しているオンライン写真共有サービスです。

 

www.flickr.com

 

オンライン写真共有サービスは他にもたくさんあります。GoogleDrive、Dropbox等でももちろん管理できるのですが、例えば、容量制限がないかわりに解像度が勝手に下げられたり、そもそも無料で提供される容量が少なかったり、どうしてもあと一歩かゆいところに手が届かないサービスが多いのです。一方で今回紹介しているFlickrは、アカウントを作成するだけで1TBもの容量、且つ解像度も下がらない、普通にカメラマンをしている人が写真管理をする上で必要な機能が整っています。

 

何度も言います。

 

  • 無料で1TBの保存容量
  • そのままの解像度でUP出来る
  • 写真管理の機能が一通り整っている

 

はさいつよ(最強)です。写真好きの多くの方はこの利便性がお分かりいただけるでしょう。解像度の心配なく、半永久的にネット上に自分の撮ったものをデジタルデータとして保存することができる、もちろん公開・非公開、タグ付け等我々が想像できる機能は一通り実装されています。それこそ、撮影時利用したデータ等も読み取って保存してくれています、このカメラのこのレンズのこの設定で、というのがわかりやすくサイト上で見ることが出来るため、写真上達・技術向上にもつながりますね。カメコの僕の利用例を紹介しましょう。

 

  1. Raw画像をPCに取り込みlightroomで管理・編集(時々photoshop修正)する
  2. lightroomの機能でFlickrと連携しアルバム単位でflickrにアップロードする
  3. アップロードしたURLをレイヤーさんに伝える

 

Twitterには現像したフルサイズの写真をアップすることは、Twitterの写真アップロード容量上限の問題で不可能です(やると勝手に圧縮されたりします)。そのため、Twitterにアップする画像は別にリサイズしてpngで吐き出しておきます。アップロードした写真は上記で述べたようにタグ付けや公開非公開等細かく設定できるので、問題があったものはすぐ削除できます。

 

twitter.com

 

猫耳ここ子さんにお渡しした写真を例に。

 

 

例えばFlickrだと、

cosplayers at Comic Market in Japan #C89flic.kr

 

Link先に行くとフルサイズの画像が!DLのオプションで色々指定も可能です。

 

 

普通にアップすると、

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20160101210217p:plain

 

 

まあ、それなりの画像に。

 

 

一眼レフ等が一般に普及し始め、デジタルデータとして写真を保存するようになり、最近ではRawファイルが1ファイル50MBにも及ぶ高解像度の写真もアマチュア機で撮影できるようになり、ローカルPCの保存領域では足りなくなり、外付けHDDに保存したり、詳しい人はRAIDを組んだりEtc工夫をして管理するようになってきました。そして今はクラウドの時代。写真保存も、クラウドの時代に突入すべきではないでしょうか。

 

 

ただ、国内では利用ハードルが高いようです。理由としては、

 

  1. アメリカのYahooアカウントを作成する必要がある
  2. 英語のみ
  3. 日本のAppStoreではDLできない(ios利用者の場合)

 

という3つの理由が挙げられます。3つ目が一般に広がらない一番大きな理由な気もします。日本版のFlickrアプリがない。iPhoneだと、Twitter、FacebookがOSレベルで組み込まれていますね、そこにちらっとFlickrがいることを、みなさん、知っているはずです。

 

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20160102171255p:plain

 

f:id:s-a-o-t-o-m-e:20160102171252p:plain

 

日本ではこの機能が使えない、大きな目に見えない力でも働いているのでしょうか。とは言え、iPhoneからでも、PCでアカウントを作りWebビューを通してアップすることは可能です。流石に、ユーザー登録レベルの英語ぐらいは、このブログの読者は理解出来ていると思うのでそこまで大きなハードルにはならないでしょう。普通に米Yahooのアカウント登録するだけで1TBも得られるので、写真を始めた方や、一眼レフでバリバリ撮影されている方はぜひ写真管理フローにFlickrをいれてみてください。僕のローカルでの写真管理=>Flickr等の一連の流れのフロー紹介は、また別の機会に。

 

www.yahoo.com

 

amzn.to