まどかの戯言集

美しく、生きたい。

【男性視点版】「出会う男すべて狂わせるガール」と出会った男はやがてナンパ講習に参加し、そして恋愛工学を学ぶ。

2、3年前の夏頃 僕は友人のけんとくんと一緒に渋谷の星乃珈琲店にいた。 僕は『anan』のセッション特集を、けんとくんは表題にもある『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』を本屋さんで事前に購入し、お互いに回し読みをしていた。そ…

『溺れるナイフ』を見て、”欲望する主体”としての女性について考えた。

はじめに ひたすら菅田将暉君の金髪姿がイケメンで、小松菜奈のアンニュイ美少女感満載な『溺れるナイフ』を彼女と週末に見に行ってきました。 溺れるナイフ コミック 1-17巻セット (講談社コミックスフレンド B) 作者: ジョージ朝倉 出版社/メーカー: 講談…

小手先テクニック本を買う前に「恋愛だけは土俵にすら上がれてない」みなさんが読むべき恋愛指南書

巷には様々なモテテク本が男女限らず発売されていますが、総じてどれも小手先のテクニックばかりを紹介しているものが多くてそれぞれの差異もあまりなかったりします。 そんな中、先日某会社を退職された某友人から「この本良いよ」と薦められたのが今回紹介…

吉高由里子が主演でテレビドラマ化される『東京タラレバ娘 6巻(最新巻)』を読んで、セフレからの本命昇格メソッドなどは存在しないと実感した。

はじめに 先日、吉高由里子が主演でドラマ化されることが決定して世間を賑わしていた『東京タラレバ娘』の最新巻の6巻が発売されたので早速iBookでポチって朝一で読んでみました。 東京タラレバ娘(6) (Kissコミックス) 作者: 東村アキコ 出版社/メー…

東京タラレバ娘5巻(最新巻)を読んで、新しい家族の在り方について考えた。

アラサー女性の必読漫画『東京タラレバ娘』の最新巻5巻が5/13(金)に発売されたので早速Kindleで購入し、出社前に読んでいました。今回もアラサー未婚女性(not 女子)にとっては、心にグサグサくるシーンがたくさん散りばめられているものになっていました…

「あなたは、そんなにキモチワルくないよ」と思われていることを、実感したい。

昨夜デートの前にスタバでコーヒーを飲みながらTwitterでとあるつぶやきをしました。 「女性にモテたいと思うのはどう考えても、ただ単に性欲のせいだけじゃない。「あなたは、そんなにキモチワルくないいよ」と保証してほしいのだ。」 という一文が全てを物…

同棲と共依存 〜或いは戦略的セカンド論〜

僕の友人が先日こんな相談を持ちかけてきたものだから、ここ最近ずっと彼が語った言葉が頭から離れない。 お互い、彼氏・彼女ができるまで同棲するつもりなんだ。どう思う? 彼と彼女は、社会的には大学の先輩・後輩関係から始まり、今は一般的に言う「セ○レ…

買った覚えの無い『anan sex特集』が本棚から出てきたので読んでみた。

amzn.to 本当に買った覚えがない。なぜ家にあるかもよくわからない。 なぜ、買った覚えのない『anan sex特集号』が家の本棚から見つかるのでしょう?古典的な誰かの策略でしょうか、本棚の隅の方からがさっと出てきました。 追記 買った日に星乃コーヒーで一…